ドラムとバイオリンと高野玲

アクセスカウンタ

zoom RSS team GARAKUTA @ 高円寺Cluracan

<<   作成日時 : 2011/12/17 00:42   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

アコースティックなロックバンド、チーム・ガラクタのライブ。
画像

店前で談話中のメンバー。右からベースの植田君、バンジョーのカックン、ギターの良平君。
(この直後、お店の人に「お店の前でたむろしないで下さ〜い」と軽く怒られた、笑)

「Cluracan」とは、アイルランドの飲んだくれの妖精の名前とか。
店内もアイリッシュな雰囲気がたっぷり。
アイリッシュバンドの写真が飾ってあったり、丸椅子が並んでたり、メッチャ小さかったけどバウロンが置いてあったり。
こんなお店が高円寺にあったとは!
アイリッシュ音楽、生で沢山聞きたい!
早速店長らしき人にスケジュールを聞いてみる。

「あんまり決まってないんですよね〜」(笑)

ちょくちょく覗くことにしよう。

画像

出演した4組には全てアコーディオンが入っていた。
こんなこと初めて
画像

1組目「Pinch of Snuff」。アイリッシュ風のバンド。
画像

途中のポルカではアイリッシュダンスも入ってきて、大いに盛り上がった
このバンドにはバリバリのフィドラーがいて、しかも激ウマ!
ハルさんというフィドラー。アイリッシュフィドルを弾きたくてバイオリンを始めたという希有な方。
終わってから、フィドルの事、アイリッシュ音楽が聴ける場所の事等、沢山お話をさせて頂いた。
ギターボーカルのTigerさんは、
我が盟友、現在メキシコ在住の梅本龍治になかなか似てる。
懐かしくて、初対面にもかかわらず、馴れ馴れしくしてしまった。
失礼致しました。

2、3組目はアコーディオンとヴォーカル。
タンゴのような曲調が多かった。

team GARAKUTAは4組目。
この頃には、30人も入れば満席の店内に、
おそらくは7、80人はいたんじゃないだろうか?
みんな大いにお酒を飲んで、おおいに音楽を楽しんで、
とても楽しそうだった。
僕も大いに楽しかった。
ソロも、まぁ、うまくいったし。

最後の曲を演奏中、カックンからヒソヒソ話し。
「俺、ピック忘れちゃったんでソロ弾いてもらえます?」
んん〜、うまく弾けるかなぁ。
なんとかメロディを曲中に覚えて、上手くいった〜、しかもヴォーカルの太一君が
「ソロ!!カックン!!」
と言った直後にバイオリンが弾き始めた事で、お客さんにかなりウケててヨカッタ!

こちらは7曲目辺りにやった
「我が家」team GARAKUTA


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
team GARAKUTA @ 高円寺Cluracan ドラムとバイオリンと高野玲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる